日本語クラスの様子③  期末試験直前!

いつも見かける学生がようやく上着を着込むようになり、秋が終わり冬が来たことを感じました。と言っても、下はまだ半ズボンです。

 

みなさんがお住まいの地域はいかがでしょうか。

 

私が教えている大学は秋学期のクラスが全て終え、残すところ期末試験(FINAL)のみとなりました。

過ぎた日々は早く感じますが、試験前のリビューをすると「やったこと」と「できるようになったこと」の量を実感しました。

もちろん、みんながみんな「できるようになった」とは言えません。彼らにとってその過程もいづれプラスになればいいなと思います。

 

今回の日本語クラスの試験は、基本的に聴解と筆記です。聴解は以下の3パターンです。

①ディクテーション(判別含む) 

②応答(質問を聞いて、答えを書く)

③英訳(文を聞いて英語に訳す)

 

①と②は文字の定着度によって差が出る、③は全体的によくできると予想しています。日々の「ドリルクラス」の成果やいかに。期待です。

 

筆記は以下の5パターンです。

①単語のマッチング(日本語→英語、英語→日本語)

②文完成(並び替え、選択、穴埋め)

③訳(日本語→英語、英語→日本語)

④誤用の訂正(単語、文)

⑤文作成(単語、文型を指定)

※201のみ、ACTFL B1レベルの「読解」も実施。

 

試験は合計で2時間半の長丁場。普段は50分授業なので3倍です。集中力がどのくらい持つでしょうか・・・。

 

101は試験に加えて「期末課題」も提出させます。

何をするかという「自己紹介、物/場所紹介」の「ビデオ」と「書き出し」です。

「自己紹介」は開講当初に練習、提出させているため、ポートフォリオ的に、学生自身が客観的に自分の変化を見られます(変わってなかったりして…)

 

201は課題はありません。彼らが1年のときには「プレゼンテーション」があり、今回はどうかと不安だったそうで安堵の表情を浮かべていました。学期の初めに説明したんですけどね…!

 

101と201のリビューをしていて気づいたことがあります。文を作るときに、101の学生の方がめちゃくちゃな文を作らないことです。

例えば英語のSVOを直訳しているような文だったり、助詞と述語がめちゃくちゃだったりというのが少ないんです。

主観的ですが、「述語」とそれに伴う「核文型」、「助詞(文節の役割)」が理解できているかどうかが分かれ目になっていると考えています。

と言っても、101はまだ①「NがN+C(名詞文)」と②「NがAdjectival(い形容詞文)」しかやっていないんですけどね!それでもNの使い方(NのN、NとNも含めて)や「は」、「も」、「だけ」の使い分けがしっかりできていて、頭を抱えるような間違いは少ないんです。

 

101の段階での核文型と述語、助詞について簡単にまとめたので気になる方はぜひ!

101まとめ!

また報告します!乞うご期待!

 

FIANALが

終えれば教師は

採点地獄

期待はスラスラ

結果はケセラセラ

 

採点のあとの手の疲れはアナログもデジタルも同じですが、手の汚れ具合が異なります。

 

Q: 核文型?述語?N+CとAdjの「です」の違い? 

台風先生のクラスを公開!レッスン2のレクチャークラス(Lesson 2 Lecture class in English)#Japanese grammar #adjectival - YouTube

 

今回の1曲:

Wes Montgomery-Four On Six (1965)-Guitarra de Jazz. - YouTube

 

 

日本語クラスの様子② 期末試験目前!

ハロウィーンが終わったアメリカは感謝祭、クリスマスモードです。

学生たちも例外ではなく、感謝祭の前週の金曜日(11/18)の時点でさっさと家族のもとへ、なんて学生も。11/23(水)まではクラスがあるのにも関わらず…です。

イベント事は本気で取り組む、アメリカらしくていいですね。

 

日本語クラスはというと、101の01を除いては、全員出席でした(素晴らしい!)。※01は全24名中10名のみ…! 月曜日はどうでしょう…?

 

そんな日本語クラスも気がつけばあと2週間で期末試験(FINAL EXAM)です。

あっという間でした、本当に…。

 

試験範囲は101が「目から鱗」のL2まで、201が『げんき』のL9〜L12までです。

 

目から鱗」はまだ出版されていないので、L1とL2のざっくりポイントをまとめました。

実際はもう少しポイントが入っているのですが・・・もう一度言いますが、ざっくりです。

L1とL2のざっくりポイント



2年生は『げんき』の項目を見るとわかると思いますが、普通体と関連文型が主です。

 

ただ、学部の決まりで米国外国語教育委員会:ACTFLの基準に則った統一試験を実施しなければなりません。

今回は「読解」で、ACTFLでいう「B1」レベルのものを実施します。

参考:読解 | ACTFL

 

日本語は他言語と異なり「ひらがな」、「カタカナ」、「漢字」が混在しているため学習者にとって「読解」はかなり厄介なものと言えます。

それもACTFLが採用している基準とサンプル問題は「?」というレベル・・・。

 

統一試験も含めて、彼らの頑張りに期待です。

 

次回は101と201の学習過程を振り返っていきます。乞うご期待!

 

ターキーの

由来を調べて

知る歴史

和名の語源を

知ってホロホロ

 

見かけに寄らないのは人も鳥も助詞も同じですね。

 

Q: 助詞にはどんな種類、グループがあるでしょうか? 

⑥《レッスン3》【日本語教師必見!永久保存版】助詞(格助詞と副助詞)の関係を論理的に分かりやすく徹底解説!これで長年のモヤモヤもスッキリ✨【JUMPsystem JUMPⅡ(助詞)パート4】 - YouTube

 

今回の1曲:Thelonious Monk live in' 66 : Lulu's Back In Town - YouTube

 

 

 

日本語クラスの様子

私が教えているのは某州立大学です。

州立ということもあってか、のんびりで個性的な学生が多い気が…。キャンパスを闊歩するユニークな学生たちを見るのも、すっかり日常になりました。

 

ユニークさでいえば、日本語クラスの学生も負けていません。「普通」の日に、何かのイベントかと思うほどのド派手な格好で来たりします。※ご想像の少し上を行っていると思います。

 

とはいえ、「普通」の1日のクラスなので、ハジけた見た目に関わらず「普通」に授業を受けてくれます。シュール好きには堪らない光景だと思います。※彼らにとって、自分がしたいようにすることは、たとえ「個性的」であっても「普通」なのですね。すばらしい!

 

そんな愉快な日本語クラスは101が計47名で、201が15名です。

 

101、201というのはあくまで日本語のクラスレベルで、学部の1年生から4年生までいます。

どのクラスとも体育会系からサブカル系、ザ・アメリカンな「スーパー陽気」系から「外部シャットダウン」系までバリエーションに富んでいて、本当に愉快なクラスとなっています。

 

101は2つに分かれていて、各20数名です。

レクチャーはまだいいのですが、日本語のやりとりを練習する「ドリルクラス」は大変です。

クラス時間も50分と短いため、この3ヶ月間悪戦苦闘の日々でした。

 

101の特徴は…

◎いつか日本に行ってみたい!

◎アニメ、マンガが大好き!

▲勉強は・・・!?

▲語彙を覚えられない(勉強してるかな?)

▲日本語で話したがらない(プライド!)

▲よく休む(特定の学生のみ)

 

201の特徴は…

◎いつか日本に行ってみたい!

◎アニメ、マンガが大好き!

▲日本語を話すのは…(不慣れ+プライド!)

▲述語?助詞?(小島よ○お状態!)

▲語彙?(英語でよろしく!)

▲よく休む(特定の学生のみ)

 

共通しているのは、日本に行ってみたい!ことと、やはりアニメ、マンガが大好きだということ!

その影響もあってか「魔女」とか「呪術」とか独特な語彙は豊富です。

クイズの裏面などに色々書いてくれたりします(写真はある日のクイズの日に)。

クイズの裏面です。表目より多くかいてくれました。

 

さて、多くの「するべきこと」がある日本語クラスですが、師の助言:「先生半分、学生半分」を胸に、試行錯誤でやってきました。

その甲斐もあり、感謝祭を目前にして何とか軌道に乗ってきました。頑張ってくれている学生にも感謝しなければなりません。

 

次回からは、この3ヶ月間の汗と涙と笑いの日々を紹介していきます。乞うご期待!

 

街中を

歩く人見て

感じる外国

じろじろ見られる

おのれが異国

 

私の地域はアジア人が少ないので結構見られている気がしていました。

でも実際は、思ったよりも他人のことを気にしていません。「自分がしたいように」が自由にできるのも納得できますね。

 

 

Q:みなさんは「格助詞」はいくつあると考えていますか。ぜひコメント欄にご意見を!

助詞について:⑧《レッスン3・4・5》助詞は驚くほどシステマチックです!【日本語教師必見】格助詞と副助詞のシステマチックさに目から鱗✨【JUMPsystem JUMPⅡ(助詞)総まとめ】 - YouTube

 

今回の1曲:Love Comes To Everyone (Remastered 2004) - YouTube

 

 

 

このブログについて

2010年からアメブロにて「JUMPsysm」や日本語教師としての経験について書いてきました。

旧:「JUMP system」で日本語を上手に教えたい ブログ

 

12年目を勝手に節目として、心機一転、ブログを新しく開設することにしました。

 

このブログでは、アメリカの大学での日本語授業について、メインに書いていきます。

 

 

という方にぜひ読んでもらえたらと思います。

 

簡単に現在の私についてまとめると…

 

職業:日本語教師(2010〜)

現職:アメリ東海岸某州立大学の非常勤講師

勤務年:2022年8月〜

学生数:日本語101:47名(2セクション)

    日本語201:15名

 

教科書は1年生は「目から鱗の日本語教科書」※JUMPsystemで構成された教科書(未出版)を、2年生は前年度からの引き継ぎで『げんき』を使っています。

 

こんな感じです。

 

私はJUMPsystemを基本として日本語を教えています。

一度理解できれば、日本語文法や教授法がスッキリする優れものです。

 

通常の日本語文法理論や教授法との相違点を分かりやすく書けていたけたらと思います。

 

JUMPsystemについて詳しく知りたい方は:JUMPsystem公式ホームページ

 

どうぞ宜しく!

 

久々に

頭を使うライティング

できれば書きたい

ライトティング

 

窓越しに見える紅葉も寂しくなってきました。